松島水族館に変な物体が・・・
先日子供がカメやペンギンが見たいということで久しぶりに松島水族館に行ってきました


2年前に来た時にはなかった怪しい施設が・・・

コンペイトウハウス

名前は『こんぺいとうハウス』らしい・・・いかにも怪しい

コンペイトウとは・・・日本海から北海道周辺にかけての冷たい海の底に生息する魚で、体が団子のように丸く、おなかに吸盤があるのが特徴。同館では2008年に国内の水族館で初めて繁殖に成功した!
施設内では1年前に生まれた体長1センチほどの赤ちゃんから体長12センチほどの親魚まで約20匹を展示


こんなかわいい魚です

konpeitou-hausu-5.jpg



そのあとは『ペンギン館』や『うみがめ館』へ・・・子供は見たかったわりにはビビってチキンでした


そして水面がガラス張りになってる場所がある『海洋館』へ・・・

DSC_0099.jpg

DSC_0100_20130619125135.jpg

子供はここでもこわがっていたが、のってしまうと何もなかったかのように楽しんでました・・・


子供は前回来た時よりいろいろわかって楽しそうでよかったが、


僕は暑い中振り回され、熱中症寸前で少し天国が見えましたw

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?